らくがきと読書感想

色塗りが……苦手(何回言うんだw)

 

 

以下、読書感想

『流』(りゅう) 東山彰良
『時生』(トキオ) 東野圭吾
『誓約』 薬丸岳
『新世界より』 貴志祐介
『人質』 佐々木譲
『11文字の殺人』東野圭吾

あらすじ
何者でもなかった。ゆえに自由だった――。
1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。
内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。なぜ? 誰が?
無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。
台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。

この方の『路傍』がお気に入り。
図書館で見つけた『流』、読了。
な…長かった…少し単調なリズムゆえに何度も眠くなっちゃったw

「歴史の中で翻弄される人間」を描いたって感じでしょうか、この方独特の語り口、好きです。
主人公に感情移入するというより群像劇を観るように楽しめるお話かな。

祖父が過去にしてきた悪事、それは筆舌に尽くし難い…でも主人公にとっては優しいお爺ちゃん。
時代背景と、台湾が舞台ってところが余計にノスタルジックなのよね…。

謎解きものではないんだけど多少の謎はあり、最後まで引っ張ってるんだけど
これは格別驚くようなオチでもなんでもなくて、物語全体が読者に「さあゆっくり、君も感じてみよう」ってな優しい語り口になってる。

要所要所クスっとくるんだけど、『路傍』同様に上品なお話とは言えないので好き嫌い分かれるかな~。

ちなみに、ちょっと雰囲気が似てるかな~と思ったのが樋口有介の『雨の匂い』。
こっちの方が暗いんだけどなんか、どこかが似てるような気が。

樋口有介は『ピース』がそれはそれはつまらなくて(でもヒットしたんだと)、それにもめげず『刑事さんさようなら』を読んで、こちらはなかなか面白く、次『雨の匂い』ときて、『猿の悲しみ』でとどめを刺されたwもう二度と読まないと思う。

話戻って…
主人公、葉秋生の思春期特有の悩み、喧嘩・受験・恋愛・家族、、
それに台湾の不安定な情勢とか中国との関係、爺ちゃん殺される、兵役逃れたい、とかそういう話をダラダラ書いてる。
ダラダラっていうと語弊があるかなw
時代や人が緩やかな川の流れのように流れていく様子を描いてるから『流』なのかな??

『路傍』と同様に、東山さんの言葉のチョイスとかすっごくいい。
でも、とにかくゆったりしてるので、メリハリのある話が好きな人には面白くないかもしれない。
結局のところ葉秋生の成長物語、この一言に尽きるので。

しかしまあ台湾の風景、町や人、言葉、様々な光景が色鮮やかに浮かんでくるからすごいな~、まるで著者自身の伝記のようだ…と思ったら、読み終えてamazon開いたところ…この方台湾出身だったw
おおおお、納得w同じようなお話を中国の人が書いたらもっと血みどろっぽくなると思うんだよね…。
いや~、やっぱそうだったのか…「現地取材ちょろっとしたくらいじゃ書けないだろこれ」って思ったから。

どうやらこの方の祖父?だかお父さんをモデルにしてる(主人公)んだとか。
にしてもかなりの脚色はあるだろうけど(霊とか出てくるし)
そういったところを嘘くせーなー、と思わせない技量がある方だと思う。

一つ注意しなきゃいけないのは、「ゴ●ブリ」の描写がかなり続く場面があるw
後々それも意味があることだとわかるんだけど、他の虫じゃだめ?って言いたくなるほどおぞましかったw

あと、直木賞受賞作品なのねこれ。それも納得。

お次はこちら

東野圭吾ファンの方からは『ナミヤ雑貨店の軌跡』と同様、感動名作という声も聞こえてくる本作。
ナミヤ~の方は以前読んで、確かに心温まる素敵なお話ではあったんだけど、今回『時生』を読んで、「文句なしの最高傑作やん…」と言いたくなった。
あらすじも知らずに読んだんだけど、いや~、冒頭から読ませるわこの人…なんなんだよ、くっだらない話も重い話もこんな感動作も書けるとか、、、。
完全にやられた…号泣した。

あらすじ
遺伝的な難病ゆえ、短い生涯を終えようとしているわが子。
「『生まれてきてよかったか』と尋ねたかった」とつぶやく妻に、主人公、宮本拓実は語りかける。
今から20年以上前に、自分は息子と会っていたのだと…。
定職を持たず、自堕落に生きていた若かりし日の拓実の前に、見知らぬ若者が現れる。トキオと名乗るその青年とともに、拓実は、行方不明となったガールフレンドの捜索に乗り出した。

全体の雰囲気としては『秘密』にちょっと冒険物語を加味したような…そんなかんじ。
でも読後感は圧倒的に本書の方が良い。
もう言葉にならんというか、いろんな本を読んできて、結局小説ってこうなのよね、って。
泣いて笑って怒って…切なくて悲しくて恋しくて優しくて…嬉しくて。
そういうものが詰まったお話です。

確かにファンタジー色めちゃくちゃ強いんだけど、なんだろう、人が持つ希望とか絶望とか勇気とか、色々あるけど前に進めるよ、がんばれるよ、って単純なこと思い出させてくれた。

主人公の拓実が妻麗子にプロポーズするプロローグの流れ。
「ああ、甘いな、この男は甘いよ」って思うんだけど、最後の1ページまで読み終えると180度印象が変わる。
私は泣きながら読み終わって、最初の1ページから少し読み直してみた。
改めて泣いたわ…。

拓実「結婚しよう」
麗子「ごめん難病の家系なの」
拓実「それでもいい」
麗子「私は女だから平気だけど男の子が生まれたらに遺伝するから、あなたは子どもが大好きなのに諦めれる?そんなの今はよくても後々後悔する」
拓実「絶対に大丈夫」

ここまでで「おいおい…」って思う、それはまあ私自身がいい歳だし現実ってそんな綺麗じゃないぜ、っていう斜に構えた思いがあるから。
そんで、
案の定避妊失敗で妊娠する(まあここは甘いよねw避妊もっとちゃんとしろよ…)

麗子「おろす」
拓実「早逝しても後悔しない、幸せな時間を皆で…」

みたいなやりとりがあり、そもそも結婚反対してた麗子のおやっさんとかも激怒。
皆の反対を押し切り出産。

で、冒頭は既に瀕死の状態の息子を(病室)見つめる夫婦のシーンなんだけど…。

改めて見返すと全然違うのよ…。
拓実の言葉の一つ一つが重たくて「うん、うん、そうだよ…そうだよね」って思える。

まったくもって難しいお話ではなく、冒険的要素もあって、チャンバラシーンなんかも面白かった。
ひょんなことから知り合う黒人男性もいい味出しててw
これぞエンターテイメントってやつじゃないかな。

ちなみに、これ長いんですよw分厚いの。
千鶴(拓実の若かりし頃の恋人)を無事救出してから「あれ?まだこんなにページ数ある…」って少し不安になった。
よくある「ああここから先は蛇足だよ蛇足!!!!」パターンかと思って。
でも違かった……。
ラスト、拓実の台詞で締めくくるんだけど、、、この一言でぶわっって涙が出て止まらなくて、鳥肌が立っちゃった。ほんと、、すごいわ。
映画にしろ小説にしろ、ラストで台無しになるものもあれば、ラストでビシっとキメて名作として残るものもあるけど、この『時生』は確実に後者です。
まさにお話作りのお手本。

全然うまい感想書けないwとにかく感動したので未読の方はぜひぜひ。

 

さて、我がブログではお馴染みの薬丸岳さん。

あらすじ
捨てたはずの過去から届いた一通の手紙が、
封印した私の記憶を甦らせるーー。十五年前、アルバイト先の客だった落合に誘われ、レストランバーの共同経営者となった向井。信用できる相棒と築き上げた自分の城。愛する妻と娘との、つつましくも穏やかな生活。だが、一通の手紙が、かつて封印した記憶を甦らせようとしていた。「あの男たちは刑務所から出ています」。便箋には、それだけが書かれていた。

ちなみに今日の感想文なんですが、読んだ順番は『流』『11文字の殺人』『誓約』『人質』『時生』『新世界より』でした…。

でね、今までも思ってたことなんだけど、薬丸さんは(あくまで私の想像だけど)その性格の良さ、実直さゆえに物語全体が薄味なんです、悲しいテーマが多いのに毒が少ない。

いや、でも勿論大好きな作家さんであることには変わりないんだけど、おそらくこの先も東野圭吾とか宮部みゆきクラスには決してなれないんだろうな…と、それはこの『誓約』を読んだ後に『時生』を読み、両者を比較して感じたこと。

まあ、もっと細かく言うと、昨日は佐々木譲の『人質』を1時間くらいで読み切って「つまんねえ…」と気分落ち込んだから、口直しにすぐさま『時生』を手にしたのであって、『誓約』の後1日経過してるから読後感も薄まったっていうのも少し関係あるかも…なんですが。

薬丸さんの作品ってほぼ「実際に起こった残虐な事件」をモチーフに書かれていて、一見「社会派」の小説っぽく見られちゃう。
でも江戸川乱歩賞をとったというデビュー作『天使のナイフ』にも見られるように、普通のミステリー小説なんだよね。
だから問題提起が目的の社会派小説だと思って読むと肩透かしをくらう、、、みたいな。

でも、『友罪』や『虚無』なんか読むとこの方が胸に抱く【贖罪】とか【赦し】への強い思い、葛藤は感じられて、、、まあ、本当に優しい方なんだなと。
だから好きなんだけどね。

ただ、その圧倒的な読みやすさと優しさゆえに、テーマの重さに見合う余韻ってものがちょっと足りない気がする。
でもそれが持ち味でもある、、、ってもう何言いたいかわからなくなってきたw

この『誓約』の主人公も過去に犯罪歴があって、出会う人それぞれに傷があり…といういつものパターン。
でもなぜかハラハラしないのは、薬丸さんが決して酷い結末を書く方でない、というのがもうわかりきってるからなんです。
だから安心して読める、しかしちょっと物足りないw何このジレンマw

今回は少ない登場人物の中に「黒幕はどいつだ」ってな演出してるもんであまり意外性はない。
この本の宣伝文句は

一度罪を犯したら、人はやり直すことはできないのだろうかーー。罪とは何か、償いとは何かを問いかける究極の長編ミステリー。
なんだけど、確かにそのことについては多少考えさせられる内容になってる、けど
私としては『友罪』『悪党』『虚無』の方がかなり考えさせられたかな。

本書はオチも割と爽やかで読後感は良いです。

さてさて、上中読んでから下巻貸し出し中という状態が続き、いっそ買おうかな…と思ったら「予約した本が入りました」メールが来た!!!『新世界より』

あらすじ
1000年後の日本。「呪力(じゅりょく)」こと、念動力を手に入れた人類は、「悪鬼(あっき)」と「業魔(ごうま)」という忌まわしい伝説に怯えつつも、平和な社会を築いていた。
しかし、学校の徹底した管理下にあった子供たちが、禁を犯したため、突然の悪夢が襲いかかる!

あっという間に読み終わったんだけど……買わなくてよかったw
上巻が面白さのピーク、中もまあまあ、下巻でちょっと失速したかな~。
いや、でも下巻の序盤は『悪の教典』っぽさがあってなかなか怖かった、でもね、なんか途中でダレちゃったのよ。

バケネズミの反乱、悪鬼の出現などなどちょっとごちゃ混ぜになってジワリジワリと迫りくる恐怖…みたいなのが薄れてしまった。
それでも相変わらず暗闇で敵と対峙するシーンなんかはやっぱりうまいです。

下巻の欠点は
「これが最悪の事態を引き起こすとは…このときはまだ知る由もなかった…」みたいな思わせぶりな文章が出まくって「またかよ!!!!」ってずっこけそうになるとこかなw

一番面白かった上巻の内容はというと…
まず1000年後の日本列島の様子、人々の暮らしが克明に描かれてます。
TVもねえ、ラジオもねえ、車も全然走ってね~~~~♪
ってな感じで非常に古風な暮らし。
建物は木造、電気も通ってない。
そして洗脳とも呼べる子どもたちへの徹底した教育制度。

小学校のようなものはあるが卒業時期はバラバラ、卒業できない者は……。

ここらへんがものすっげー怖いのw
絶対に観てはいけない中庭ってのがあって、もうちょー怖い!!!!!

日本列島には9つの町しか残っておらず、主人公が暮らす町では倫理委員会と教育委員会が絶対的権力を持っているため、危険分子(悪鬼や業魔の要素あり)とみなされた子どもたちは全人学校(小学校の次に進むところ)に進学できず、人知れず処分されてしまう。
その処分方法もすっげー怖いw
とまあ、ここらへんが一番面白くてそれだけでも読む価値あり!!

なんか生き物も全部怖い得体が知れない。
不浄猫とかバケネズミとか…。

この不浄猫の怖さ、漫画『ぼくの地球を守って』に出てくる可愛い巨大猫が思い浮かんじゃって「怖い」「いや、可愛い?」と私の心は忙しかったよ…w

バケネズミはのちのちストーリーの要になってくるんだけど、ネズミと豚を足して二分したものをでっかくしてさらに醜くしたような酷い容姿でありながら、人間と同じくらいの知性を持ち、結界のようなものの外で暮らしている不気味な存在。

中巻は主人公の全人学校時代のお話、友との別れなどなど。
今自分が生きている世界の異常性に気づき、、、、ってな感じ。

そして下巻では戦争?状態に突入する。
ちなみに、以前この著者の『天使の囀り』を読んだときもグロ描写があって、なんていうか「虫」が好きなんだな…とw
『新世界より』もグロい虫やら生き物のオンパレード、どこからどこまでが空想上の生物なのかさっぱりわからんからすごいw

砂漠と化した東京へ、化学兵器を取りに向かう主人公たち、東京の地下はえらいことに!!!!
虫が苦手な人は絶対読むべきではないw
私も相当苦手なのでここらの描写はなるべく想像力を働かせないように努めましたw

あとね、感心しきりだったのは「人の敵意、攻撃性はストレスから来る」というまあ常識的な見解ではあるんだけど、それを緩和させる手段としてこの時代では人同士が肌を触れ合ってのコミュニケーションを推奨してる、、っていうか教育に組み込まれてる。

ただ、徹底した管理のために妊娠には厳しい、なので同性同士のエッチは全然許されてる。それをBLと呼ばれるとちょっといやだな…と私は思うんだけど、よくできた設定というか非常におぞましくも理に適ってるな~って。

だってすごく大事だよね触れあいって。

ってなことで女同士、男同士のイチャコラも出てきます。

以下ネタバレします↓

ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

バケネズミ=人間説

これはもう上巻のバケネズミ初登場場面からわかってしまった。

人間と同等の知性がありながら人間を「神」と呼ぶ立場であり、その神の判断によってはいつでも殺処分される可能性がある……そんな存在。

その醜い姿も、人間の手によって品種改良された(改良ってか改悪よね)ゆえ…。
こんなもん完全にもともと人間だったとしか考えられない。

結局なんなんだこのお話は…と考えると、どうあがいても人間は枠からはみ出すし、人が人を管理することには限界があるってことね…。
身勝手で危うい、でもだからこそ生きている価値もある…みたいな。
自分は倫理委員会のやろうとしてることも理解できるし、それに反発することも当然だし…難しいな~。

でもねえ、オチはもう想像通りかな。
結局突き詰めたらそういう結論しか出ないわな…って。

しかしこれ、アニメ化されてて漫画化もされてる(調べてみた)

なんだよ…この萌え系の絵は…最悪だよ。

お次はこちら

読んだ数時間後には内容を忘れる作品も書けちゃう東野さんw

『時生』の余韻もなんのその、間違いなくこの『11文字の殺人』はめっちゃ暇だけどとりあえず軽く読めるものちゃちゃっと読みたい時、、、に最適な一冊だと思うw
ほんっとに振り幅の広い、モンスター作家ですな…(宮部みゆきもそうだけど)

あたしの恋人が殺された!!何があった、誰が怪しい、あいつらが怪しい、あいつらが秘密を持ってる……というありがちな展開、さらにはそんな連中と一泊の船旅?に出ちゃうという暴挙もテンプレ通りw

多分古い作品なんだろうなこれ…。この方は一体何冊出してるんだろう。
30冊くらいは読んでると思うんだけど、ほんとありとあらゆるお話書くなあ、、天才ってこういう人のこと言うんだな。

最後にはこちら

あらすじ
「謝ってほしいんです。あのときの県警本部長に。ぼくが要求するのはそれだけです」
5月下旬のある日。生活安全課所属の小島百合巡査部長は、以前ストーカー犯罪から守った村瀬香里との約束で、ピアノのミニ・コンサートへ行くことになっていた。香里よりひと足先に、会場である札幌市街地にあるワイン・バーに着いた小島は、そこで人質立てこもり事件に遭遇する。犯人は強姦殺人の冤罪で4年間服役していた男。そのコンサートの主役は、来見田牧子、冤罪が起きた当時の県警本部長の娘だったのだ―。一方、同日の朝に起きた自動車窃盗事件を追っていた佐伯宏一警部補は、香里から連絡を受け、事件現場へ向かったのだが…。

ん~~~~、いまいち!!!!
道警シリーズ第6弾?ってその前の5冊はどれだ?
この方の小説は『笑う警官』しか読んでないけどつながってる??
よくわからんけど一番気になるのは台詞まわし…。

うちにある桃太郎の絵本みたいなんだよな~。
例えば
「桃太郎さん、どこへ行くんだい」

「鬼が島へ鬼退治!!」

「お腰につけたものはなんだい?」

「きびだんこ!!これがあれば百人力!!]

みたいな…なんていうんだ、語尾がいやなのw

「これを食べれば百人力だぞ」とか言ってほしい、すっきりしないんだよ~。
で、この佐々木譲さん、思い出したけど『笑う警官』でもそこが気になって気になって。

この、語尾がない単語だけの台詞まわしが続くことが多々あって、多分私には合ってないんだな…。

肝心のストーリーの方は、「地味!!!!」の一言。
逆に言えばよくもまあこんな地味な内容でそこそこ読ませる一冊を書けるな…と。

第6弾ってことはもしや結構ネタ切れしてる頃かなこの作品は。

何かが起きそうな、ちょっと恐怖心が底の方でくすぶったまま読み進めたら「あ、そういうことね…」って。
さして特別すっげーーーーってことでもないんだけど安定感はあるんだなこの方は。