DB映画ネタと洋画感想

地球に遊びに来たブロリーたち

以下映画感想

2013
邦題 大脱出
監督 ミカエル・ハフストローム

あらすじ
陸から離れた海上に存在する、通称墓場と呼ばれるタンカー監獄。
ある日、その監獄に、世界でもトップレベルののセキュリティーコンサルタントのブレスリン(シルヴェスター・スタローン)が身に覚えのない罪で投獄される。
ブレスリンは、自らが設計に携わったこの監獄から脱出することを決意。
しかし、囚人たちのボス、ロットマイヤー(アーノルド・シュワルツェネッガー)がブレスリンの前に立ちはだかり……。

以前この映画をチラ見したときはただ監獄で殴り合ってる男たち…という画だったのでつまらなそうだな…と途中離脱してしまった。
がしかし、改めて観てみると脱走をテーマにしていて結構おもしろい。欲を言えばもう少し頭脳戦で戦ってほしかった。
なんかドンパチやってる場面の方が多かったな…まあ仕方ないか。

往年のファンにはたまらないシュワちゃんとスタローンの共演。
といってもエクスペンタブルとかで大安売りしちゃってるからそれほどでもないかな?
だけどそっちと違って本作はコンビとして活躍するから距離が近くてほっこりする。

何も知らずにボーっと観ていたらシュワちゃん出てきて「あ、そういえば共演してるんだなこの映画」とハッとなり、
その登場の仕方がすごく可愛らしいwもう他の誰でもない単なるシュワちゃんなのだ、まあそこがすごく良いんですが。

この2人の脱出を楽しむ映画なので他のキャラは特に印象に残らないんだけど、
ホビス所長を熱演するジム・カヴィーゼル、彼はナイスな悪役、悪役の教科書に載ってるみたいなキャラです。
この映画に欠かせない!!本当に憎たらしい。
この人の顔面ってほんとよくわからんけど「THE 戯曲」って感じがする、自分でもよくわからない。

とにかくうさんくさいロットマイヤーがブレスリンにしつこく話しかける感じとか人懐こい子犬のような愛らしさとか…(見た目あんななのに)
最後脱出してから機関銃を持った瞬間「いつもの俺に戻っちゃっていいっすか?」みたいな目の輝きが笑えて(ここは監督も確実に笑いを取りに行ってるはずw)
気楽に観れる映画ではありました。

ホラー映画『It』の新旧対決


1990年 米TVムービー 前後編の二部構成で作られたお話
原作はスティーブン・キングの小説

全米の子ども達?に道化恐怖症なる症状を引き起こした有名作品。

ピエロに扮したペニーワイズなる男、ん?男?よくわからんけど、こいつが人の心の弱さにつけこみ
子ども達を恐怖に陥れる…というストーリー。(実在の殺人鬼をモデルにしている)

簡単に言うと、全編は神、後編は蛇足!これに尽きる。
全編は子ども目線でも大人目線でも楽しめる、スタンド・バイ・ミー+ホラー要素、といったお話で温かくもあり怖くもある。
その流れのまま後編を観ると確かに「こんな風に各キャラが成長したんだね」というほっこり感はあれど、
いい大人がいつまでもピエロのおっさん?に恐れてワチャワチャやってるのがアホくさくなってくるw
まあ確かにトラウマっていうのは恐ろしいものだろうけど、それにしてもねえ…。

新たに公開された新生「It」のピエロがこちら。

新旧比較すると、元祖ペニーワイズは不気味さでいうと新作の上をいくと思う。
新作が幻想的な恐ろしさだとするとこちらの古いペニーワイズは「その辺の気狂いのおっさん」的怖さがあり、
妙に人間っぽく妙に可愛らしくユーモラスな動きに愛嬌を感じる。そこがすっごく気持ち悪いw
要は新生ペニーワイズはビジュアルが芸術的すぎるんだな。公開当時から中の人は190超えのイケメン俳優だーなんて騒がれていたけど。

新作は友情よりも家庭の複雑な事情のちょっと気がそがれてしまいがち。旧作は子ども達の見分けがつきやすいビジュアルで、友情をはぐくんでいく過程が結構丁寧に描かれている。
映像時間に限りがあるのでそのへんはなんとも評価しがたいものがあるけど、原作の小説ではなんと、この少年たちの中に1人混じって
遊んでいる少女は友情の証として少年すべてとセックスするっていうんだから驚きだ。
でもなんかそれはそれですごくいいと思う。誰のものでもないけど皆のもの…いわば女神みたいな、皆の母的な…。
それをふまえるとエロスをまき散らしてる新作の少女が原作に近いのかもしれない。

色々な違いがあれど、一番大きいのは新作はR15作品だということ。
私はこれは非常に残念なことだと思う。
R15作品ってもう子ども無視じゃん、子どもが観れるホラー作れない監督増えたよね、日本の漫画界もそうドラマ?も映画もそう。

このItでも新旧ともに冒頭5歳の少年がペニー・ワイズに殺されるわけだけど、腕を食い千切られ血まみれで雨の道路をはいずる男の子の場面。
見せりゃいいってもんじゃないだろ。
旧作はそれを見せないけどきちんと怖かったぞ!
そして、新作では親まで殺しちゃうくらいもうしょうもないことになってる不良少年くん、エグさがパワーアップ。
旧作が子ども達が(小学生中学年~高学年)くらいの子なら観れる程度の内容になっていて、それでいて感動も恐怖も味わえるのに、新作はそれは到底無理だろう…寂しい。
どうしてR15なのか。ならもう主人公も高校生にしろー!!!!
…となんだかすごく毒吐いてるけど自分はそこが残念でたまらない。

原作が良いので新旧どちらもおもしろいと言えばおもしろいんだけど、新作は欲張りすぎ…な面があるかな?
すっごくお金のかかったお化け屋敷のような、もう怖いっていうあらゆる映像を詰め込んでみた、気持ち悪いものバンバン出してみた、という感じ。
あまりにピエロの出番も多く、ドロドロのお化けだかなんだかわからん化け物も出てき過ぎてあっという間に慣れてしまう。

旧作は友情と冒険、新作は汚い大人に立ち向かう子どもたちと友情…といったところか。
旧作はホラー風味、新作はスプラッター風味?
女の子のキャラは新作の方が好きだ、少年グループにただ1人女の子がいる…その立ち位置みたいなものが明確。
旧作はどこ、男子でもよかったんじゃ?と少し思わせる割と地味な女の子だった(好きだけど)

どうやら新作Itは第二章公開予定があるようで、大人になった主人公たちを描くんだろう。
新旧割とどちらも原作に忠実な映画だと言えると思う。