いろいろめちゃんこ語ります(長文)


大好きなマジュニア戦の満身創痍悟空
「舞空術だーーーーーー!!!!」と叫ぶクリリンに当時我々子ども達は
「ネタバレ乙!!!!!!!!」と叫ばずにはいられなかった…(当時こんな言葉使ってないけどw)
マジュニアにバレるからせめて突進した後に言えよwと思ったものです。

マジュニア戦はバラエティに富んでいて本当に本当に素晴らしい。
あれだけの戦闘の中舞空術を最後の最後までとっておいた悟空の頭の良さ、辛抱強さ、賭けに出る精神的強さ全てが詰まった戦いだと思う。

何度も言う、あの吐血シーンのセクシーさは異常。

マジュニアの思い、恨み、全てを受け止める悟空の責任感。親父を殺したのは自分、そういう自覚込で全身全霊でマジュニアの悪意を真正面から受け止める。まさに主人公、永遠のヒーロー、最高!

「くそったれの関係」、タイトルさんざん見過ぎて飽きてしまい変えましたw
「Dirty」です、シンプルに。

最近娘がキッズチャンネルで無印と改ブウ編録画してやたら観てるのでついついつられて一緒に…wだからいきなりマジュニア戦のこと熱く語ってる次第です。
交互に観てるけどストーリーごっちゃにならんのか…。
マジュニア戦最高!!!チビ悟空の声可愛いw
クリリンはいつから「僕」→「俺」になったんだろう。

ほんとーーに何度も言うけどマジュニアが出た天下一武道会好きだわ…。
リアルタイムで観てた世代ならわかるはず、あの雨の日に傘を差して皆の前に表れた悟空に恋した気持ちw
ぶったまげた~!!
んで、アニメだとあの少年⇒青年へと変化している微妙な時期の悟空の声をほんとーーーーに繊細に、見事に表現している声優の野沢雅子さん。
あの時期の悟空が一番セクシーでかっこいいんじゃなかろうか…と自分は思う。

そして、ここから悟空と他(天津飯ヤムチャクリリンついでにやじろべー)の差が大きくなりすぎて、同時に強い相手を求める本能的には悟空は孤独なっていく…気がする。
天津飯のズボンをおろす場面は有名だけど、あれは圧倒的な力の差を表現してて、同時にこちらも少し寂しくなったりする。
肩を並べて「お互い頑張ろうな、強くなろうな」と言っていた仲間なのに悟空は皆よりはるか遠くへ行ってしまった。
だからこそ自分はマジュニア戦が好きなんだな。
マジュニアの登場は、ピッコロ大魔王で火がついた悟空の真の闘争本能を満たすものだった。
相手に不足はない。
そして、ある意味これが最後の「本当の頭脳戦」だと思う。

サイヤ人編は確かにおもしろい、ゾクゾクする。
でも戦闘力、という数値をはかるスカウターの登場、悟空が宇宙人だった事実…等々そういうSF要素込のおもしろさもあって、
純粋に少年バトル漫画として、格闘表現の王道を行っていたのはマジュニア戦まで、マジュニア戦がビーム連発するようになる前のDBの集大成かと。

マジュニア戦を小学生の頃観ていた人は多分同じ気持ち…だと勝手に思ってる。小学生低学年か高学年か、でまた感想も変わってくるかもしれないけど。
だから、人造人間編やブウ編を小学生の頃見ていたら自分はどう受け止めたんだろう、なんて考えてしまう。
多分ちびっこだったら魔人ブウ編はとてつもなくおもしろいだろうな…。
でも大人目線だとベジータの円熟期、というか色気ダダ漏れ期ではあるし、悟空にとってもそうかも。

自分の中でブウ編から先、超のベジータにはあまり色気を感じていないので。
苦悩、葛藤していないベジータってあまり魅力を感じないんだなあ…ファン失格かw

ところで3/20はヤムチャの誕生日だったそうな。

ブウ編といえばこの場面。


娘とあれこれ話しながら観てるんだけどほんとーーーにここの場面はいいw
悟空・ベジータ・悟飯・クリリンの4人の特徴がよーく出ていて、特にクリリンが悟飯をなだめるところ、
あの悟飯が「イヤダ!!!!」って言うのがまた微笑ましいwナメック星以来お2人の信頼関係だよなーって。
肝心なとこでは親戚のおっちゃんのようなクリリンがいい。
冷静で頭がいいとみせかけてまだまだ未熟な悟飯。

悟空の判断力とベジータの冷静さクールさも際立っていて好きだなこの場面ほんとーに。
ベジータがボコボコにされるビーデルを観てる、その視線がエロイw
あと、アニメだと執拗にボコられるビーデル。
「ぜったいに……負けたくないいいいいい」って泣きながら殴り掛かっていく場面最高。
ビーデルいいよ最高だよ!!!

作者のインタビューみたいなので確か鳥山先生「ぼくは気が強い女性は好きじゃないんだけど…」って言ってて、超全集4巻かな?自分がコミック以外で持ってるのこれだけだから。

でも登場するメイン女性キャストが皆気が強いwそこがいい。
スノーとか無印で出てくる女の子は割と大人しめだったりするけど、決してブリブリしてネチャチャと女のいやらしい部分出してるわけでもなく普通に可愛いしっかり者だし。
男性作者にしては珍しいよなこれ…。巨乳ですぐ泣いてやたら肌見せて(ブルマは見せてるw)…ってのがいないんだよね、ここもまた
鳥山先生のひねくれ者要素が良い方向にいってるのかもw
出てくる男たちが、気の弱い女じゃあうまく扱えない猛者、というか曲者だらけだからってのもあるか。
悟空の嫁が単におとなしい女でも存在感なくなるしかわいそうな嫁さんに見えちゃう、ブルマが弱弱しいぶりっこだとベジータが単なるアホに見える。
18号が若いだけのいやらしい女ならクリリンは単なるロリコンハゲ童貞みたいにうつってしまう。
ビーデルがおしとやかだと悟飯とキャラかぶる。
っつーことで非常にバランスのとれた女性キャラクターたち。
それでいてきちっとキュートさも持ってるし、皆パートナーに一一途だし。
これが男女共にDBが支持される理由かもしれない。
で、やっぱり最強なのはブルマですよブルマ…こんなヒロインいただろうか、天才でありながら惜しみなく乳やまん●を曝け出し(惜しみなく??)金で解決しようとしたり
若返りにDB使おうとしたり…。
でも、よく考えたらDBで若返りって超からの設定だよね?実は自分はこれあまり好きではなくて、ブルマならそのくらいの薬作れそうだし、DB使うか??って。
まあ腹いっぱいの苺だとかボーイフレンド求めて玉探ししてた女だからありっちゃありなんだろうけど、若返りに使うってのはしっくりこない。
自分はブルマの老化を推奨したい。
老けないベジータとの対比がおもしろいし。まあ漫画としてはヒロインしわしわ婆化っていうのはいただけないだろうけど、少年アニメだし。

本の話

本日栄光印刷さんからメールが!!!!
カラー表紙をモノクロで入稿しちまったーヽ(´Д`)ノ
よく考えたらedgeを栄光さんに入稿したのは結構前で、やり方忘れてたんだな。
だめだなーまったく。

ところで、後から思いついた一話は入稿が間に合わなくなりそうなんでやめました。
ということで最初の予定通り5話収録の一冊となりました。

あと、一人一人にお礼用の絵入りサンクスカードを、注文の度に手描きして本に同封したい、ということもあって(名刺サイズのカード大量に買ってきた♪)
今回はとらのあなではなくBOOTHのみ頒布にしようかと考えてます。

そっちの方が手数料もかからないので本の頒布価格も安くできることもあって。
ただ自宅で本包んで遠くのヤマトまでネコポス依頼しに行くのが結構大変(´Д`:)
こういう作業自体はとても好きなんだけどヤマトが遠い……。
で、人を待たせるという行為がもともとすごく嫌いで、「早く発送しなきゃ」とプレッシャーがw

「edge」のときは当初BOOTHで頒布、あまりに発送作業が大変で途中から「とらのあな」に委託、とらのあな専売扱いにならないため手数料がっぽり取られてw
やっと売り切れた…と思ったら(喜ばしいことですが)後からedge知った方から再頒布希望の声もらって再度少部数印刷。
このときついでに本文手直しと表紙描き直しをして、少部数印刷なんで印刷品質少し落とさせてもらって再びBOOTHにて頒布。

で、話変わってBOOTHは金額上乗せして作家さんを応援しよう、という「ブースト機能」があるのですが、あれはBOOTH側が勝手に表示させている文章なので、「ブーストしなきゃダメかな…」なんて勘違いしてる方、全然気にしないでください。
稀に上乗せしてくれる方がいて、本当に感謝してます、嬉しいです。
100円200円というのは自分は大金だと思ってます。そのお金で子どもさんにジュースが買える、それを自分の本の応援のために払ってくれる、それは本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
でも、絶対無理はしないでください。他の人はどうしてるかな、とかも考えないでくださいね。
そのために匿名配送でもあります。誰が買ってくれたかとかこちらにも一切わからないので。
本の価格とネコポス送料が既にかかっているのでそれだけで負担に感じる方だって
たくさんいると思います。美味しいお肉とかスーパーで買える値段だぜ……そう思うと本当に、手抜きせず妥協せず、買って後悔させない漫画を描こうと気合が入ります。

で、データ販売してほしいという声がちょいちょいあるのですが、結論としてやっぱり自分は今のところ本という形で皆さんに手にとってもらって読んでほしい、という思いが強いので、今のところデータ販売という予定はありません、申し訳ない。

本頒布からある程度時期が経過したらサイトにUPしてほしい、という考えもあると思いますが、それも今のところ考えていません。
「金払って本買わない奴には見せたくない」ではなくて、「無料UPは本を買ってくれた人に申し訳ないから」が偽りなき本心です。
本来自分のファンアート?っつーか漫画は無料で見れて当然なレベルのものなので、それに対して「本という形で読みたいから買う」とまで思ってくれる人への感謝の気持ちを示しておきたいのです。

本はかさばる、隠し場所にも困る、という意見もごもっとも。
ただ、私の古臭い頭の中はやっぱり「好きなものは紙媒体」というところからまだ離れられないので、ご希望に添えない現状、本当に申し訳ないですが
ご理解願います。

最後に、abnormalページのパスワードはedgeの中にあります、と当サイトのABOUTにも書いてある通りなのですが
たま~にページに入れない、というコメントがきます。
毎度自分でも入れるか確認するんですが、私はちゃんと入れるのでおそらく閲覧者さん側のPCやなんやらの問題かと思います。
IEだとダメ、とかgooglechromeなら入れる、とかそういう?ことなのかもしれません。
ちょっとそこまではこちらでもわからないのでなんとかご自身で色々試していただきたいと思います。
また、小文字大文字とかも間違っているとエラーになります。